AFFINGER5

【AFFINGER5】Googleアドセンスのインフィード広告の設定方法を紹介!

【AFFINGER5】Googleアドセンスのインフィード広告の設定方法を紹介!

今回はおすすめ記事一覧や関連記事一覧の中に広告を紛れ込ませるインフィード広告の設定方法を紹介します!

 

他のGoogleアドセンス広告の設置方法はこちらの記事で紹介していますので他の広告も設置したい方はご覧ください!

 

具体的にはこのような広告です!

AFFINGER5 インフィード広告9

 

広告感があまりなくさりげなく表示することでできるのがポイントです!

こんな方におすすめ

  • インフィード広告のコード取得方法がわからない
  • インフィード広告の設置方法がわからない

 

インフィード広告のコード取得方法

まずはインフィード広告のコードを取得していきます。

 

AFFINGER5 インフィード広告

  1. Google AdSenseを開きます。
  2. 「広告」→「サマリー」の順にクリックして広告ユニットごとを選択します。
  3. ユニットが3種類ありますが、インフィード広告を選択します。

 

AFFINGER5 インフィード広告

  1. 自動で広告スタイルを作成するを選択します。
  2. 関連記事などに貼りたい場合は「記事のURL」、トップページに貼りたい場合は「トップページのURL」を入力します。
  3. PC観覧時の記事を選びたい場合は「Desktop」、スマホ観覧時の記事を選びたい場合は「モバイル」を選択します。
  4. 「ページをスキャン」をクリックします。

 

AFFINGER5 インフィード広告3

オレンジで塗りつぶされているところが広告挿入可能なところです。

 

入れたいところをクリックすると表示が変わるので「次へ」をクリックします。

 

AFFINGER5 インフィード広告4

ここでは見出しや説明の背景文字色を変えることが出来ます。ブログの背景や文字色を変えている人は同じ色に統一するといいかもしれません!

 

基本的には変更しなくても大丈夫なので、ユニット名を入力して「保存してコードを取得」をクリックします。

ポイント

後ほど表示回数や収益を確認する際にユニット名でどこに表示した広告かを判断するため、どこに表示されているかわかるような名前にすることをおすすめします!

 

AFFINGER5 インフィード広告5

最後に「コードをコピー」して完了です。

 

ウェジェットで広告コードを設置

AFFINGER5 インフィード広告6

  1. WordPressを開いて「外観」→「ウェジェット」をクリックします。
  2. 00_STINGERカスタムHTMLを選択します。
  3. 広告・Googleインフィード広告を選択して「ウェジェットを追加」をクリックします。

 

AFFINGER5 インフィード広告7

このようになるので内容に先ほどコピーしたコード貼り付けて「保存」をクリックします。

 

ここまで出来たら次にAFFINGER5管理での設定を行って行きます。

 

AFFINGER5管理で設定

AFFINGER5 インフィード広告8

  1. 「AFFINGER5管理」をクリックします。
  2. Google連携/広告をクリックして、インフィード広告の設定を選択します。
  3. 今回は関連記事にインフィード広告を入れます。1~9の数字を入力します。
  4. 最後に下の方にある「save」をクリックすると設定は完了です。

インフィード広告は何個おきに広告を入れるかを選択できます。

 

例えば3と入れると

  • 記事
  • 記事
  • 広告
  • 記事
  • 記事
  • 広告

のように表示されます。

 

広告を多く表示させて見てもらうに越したことはないですが、多いとそもそもブログを読んでもらえなくなるため2~4がいいのかなと思います。

 

これでインフィード広告の設定は完了です!

 

【AFFINGER5】Googleアドセンスのインフィード広告の設定方法を紹介のまとめ

今回はインフィード広告の設置方法を表示しました!

 

広告の中では一番さりげなく表示できるものだと思うので、まだ設置していない方は是非やってみてください!

 

では、また次の記事で会いましょう!!

 

-AFFINGER5

Copyright© kane blog , 2020 All Rights Reserved.